女性用育毛剤

女性用育毛剤選びで悩んだら読むサイト

女性の天敵である薄毛ケアとして注目されている女性用育毛剤。女性と男性では薄毛のメカニズムが違うからこそ、女性用を選んでケアされる方が増えているんです!

 

っていっても、育毛剤も種類が多いのでどれがいいのかわかりにくいんですよね。女性用育毛剤だけじゃなくて、男女兼用の商品も増えてきているので、そっちのほうがいいような気もします。また、安易に選んでしまうとかゆくなったり頭皮トラブルにつながる危険性もあるって聞くのでなかなか一歩を踏み出せません。

 

そんな方にもわかりやすく女性用育毛剤の特徴をご紹介しようと立ち上げたこのサイト。種類が豊富でどれを選べばいいのか迷いがちな育毛剤ですが、チェックすべきポイントを外さなければ失敗する可能性もぐんと減らせちゃいます。

 

安い買い物ではないので、どうせ買うならしっかりとした成分で続けやすいのがいいですからね。このサイトでは、そんな賢い買い方をしたいあなたのお役にたてればと思っています。

 

 

女性用育毛剤にも種類があるのを知っていますか?

 

さてさて、まずはじめにですが、育毛剤と一言で言っても種類があるのをご存知ですか。大きく分けると次の3つに分類されるんです。

 

  • 化粧品
  • 医薬部外品
  • 医薬品

 

これは配合されている成分などによって分類されているんですね。まず化粧品ですが、これは効果効能はない成分が入っているわけですね。だから、使っても正直ほとんど意味ないかなって思います。おすすめしません。

 

次に、医薬品。これはお医者さんが処方する薬ですね。即効性はあるものの、副作用の心配もあるので、安易に手を出すのはNG!病院にいって医師の診断を受ける必要があります。

 

そして、医薬部外品。これはいわば化粧品と医薬品の中間的なもの。効果効能が期待できる成分だけど即効性はないよってものです。もちろん、医薬品じゃないので副作用の心配はいりません。

 

薄毛ケアとしてまず使うなら、医薬部外品の商品をおすすめします。化粧品では使ってもあまり意味ないですし、医薬品は病院に行かないといけないし副作用が心配ですからね。

 

ということで、女性用育毛剤を選ぶときの第一ポイントは、種類を確認する!ってこと。おすすめというか、選んでおくといいのが医薬部外品です。

 

女性用育毛剤を買うときは成分もしっかりとチェックしよう

 

次に確認しておきたいのが、成分です。どんな成分が入っていて、頭皮への刺激は大丈夫なのか?ってこと。

 

医薬部外品の場合、有効成分と呼ばれる成分が入っています。これは大前提ね。で、次に気にしておきたいのが添加物の有無。具体的には、石油系界面活性剤や香料、シリコンなどなど。こういった成分は、はっきり言って育毛剤にはなくても大丈夫なもの。だから、できるだけこれらの成分が入っていない無添加育毛剤を選ぶことをおすすめします。

 

特に肌が弱かったり敏感だと、育毛剤で肌トラブルになることも。せっかく使っているのに肌トラブルになるのは残念ですよね。失敗する前に成分は確認しておきたいですね。

 

ということで、女性用育毛剤を選ぶときの第二のポイントは、成分を確認する!ってこと。

 

使用感も選ぶうえでとっても大切!

 

女性用育毛剤を選ぶための第三のポイントとしては”使用感”。

 

育毛剤と聞くと、独特のにおいがしたり、髪の毛がベタベタするイメージを持っている方もいるんじゃないですか!?

 

たしかに、製品によってはそういった”使いにくい(独特のにおいがしたり、髪の毛がべたつく…)っていう育毛剤もあるわ。でも、最近の育毛剤は、使い心地にまでしっかりとこだわっているものが多いんですね。

 

特に女性用育毛剤は、使用感までしっかりとこだわっていることが多く、”余計な臭いがしないでさらさらとした水のような液体”である製品が増えています。こういった育毛剤なら、毎日使うのも苦にならずに忙しい朝でも使いやすいですよね。

 

 

いかがでしたでしょうか!?
以上3つのポイントを確認しながら女性用育毛剤を選ぶことで、失敗しない育毛剤選びができますよ。

 

では次は、女性の抜け毛や薄毛について良くある疑問についてお答えしていきますね。育毛剤を使った薄毛ケアをする前に、最低限の基礎知識は知っておくことが大切です。

 

女性の抜け毛・薄毛に関するウソ・ホント

 

ではまず初めにお伝えしておきたいのが、医薬品について。医薬品っていうのは、いわゆる薬なわけで、最近では薄毛治療薬もどんどん普及されるようになってきましたよね。

 

ただし、女性と男性では使える薬も違ってきますし、使える薬でも女性と男性では配合濃度が違うものがあるので十分注意する必要があるのですよ。

 

プロペシア(フィナステリド)は女性でも使える!?

 

飲む育毛剤として一般的になってきたプロペシア(フィナステリド)。皮膚科などで処方されることもあり、服用されている方も増えています。しかし、プロペシアを女性が服用することはできないので、病院に行っても処方してもらうことはできません。

 

プロペシアの働きとしては、男性のAGA(男性型脱毛症)の原因となるジヒドロテストステロンをブロックする働きがあるんですね。それによって抜け毛が落ち着くというのがプロペシアの特徴です。しかし、プロペシアは女性では服用できないため、病院に行っても処方してもらえない薬となっています。

 

ミノキシジルは女性でも使える!?

 

相棒に出演している水谷豊さん主演のテレビCMでもおなじみの「リアップ」に配合されているとして有名なのが、ミノキシジルです。ミノキシジル配合の育毛剤としては、リアップジェンヌが女性用として販売されていますね。

 

ミノキシジルは、女性でも使うことができますが、男性と同じ配合濃度は今のところ市販されていません。男性用のリアップは、ミノキシジルが5%配合されていますが、女性用は1%のみとなっています。

 

ミノキシジルの副作用には、ミノキ焼けと呼ばれる頭皮の炎症・かゆみがあるのですが、頭皮・肌がデリケートな女性は起こすリスクが高いため1%の配合製品しか市販されていないわけです。

 

プロペシアは医師の診察が必ず必要で、市販はされていませんが、ミノキシジルは、薬剤師さんがおられる薬局で買うことができます。手軽に買えるのですが、副作用の恐れはあるので十分注意しておきたいですね。

 

最近では、このように医薬品を使った治療も普及していますが、女性の薄毛はどちらかというと育毛剤やシャンプーを使ったケアの方が主流となっていますね。これは、女性の抜け毛と男性の抜け毛のメカニズムが違うからです。

 

シャンプーを使っても髪の毛が生えないってホント?

 

よく耳にする疑問ですが、シャンプーを使っただけで髪が生えてくるわけはありません。お笑い芸人さんが出演している某シャンプーを使ったからといって髪が生えないので気を付けましょう。

 

とはいえ、シャンプーを適当に選ぶのはNG!頭皮にやさしいシャンプーを選ばないとその刺激が原因で抜け毛になったり頭皮環境が悪化する恐れもあるんですよ。

 

抜け毛が気になっている方は、アミノ酸シャンプーを使っておくと間違いなし!市販されているシャンプーと比べて頭皮への刺激が全然違うので安心して使えます。

 

男性用のシャンプーを使っても大丈夫!?

 

抜け毛が気になる方の場合、男性用のスカルプシャンプーや育毛シャンプーを使う方も多いですよね。でもそれはあまりお勧めしません。

 

もちろん、絶対に使ったらダメ!ということではないのですが、男性用には爽快感を出すためにエタノールなどが良く配合されていることがあるんですね。実は、濃度によってはデリケートな方は気になる方もおられます。

 

また、男性用のシャンプーの方が値段が高いという単純な理由もあったりします。使い心地や泡立ちなど、そういった点を見ても女性用シャンプーを選んだ方がおすすめですよ。


女性用育毛剤おすすめランキング【薄毛・抜け毛ケアの決定版】では、薄毛・抜け毛で悩む女性のために育毛剤をおすすめ順にランキング。 種類が多すぎてどれにするか迷ってしまう女性用育毛剤選びの参考にしていただければと思います。 育毛剤を選ぶときに大切な、「あなたに合っているもの」が見つかりやすいように、「悩み別・年代別」で育毛剤を比較! また、「配合されている成分」「使いやすさ」「お得な価格」などといった項目でも育毛剤を比較してご紹介しています。 薄毛や抜け毛が気になり始めると、人と話すのが億劫になったり、外出するのも嫌になってしまいますよね。 しかも、女性の薄毛や抜け毛ってまだまだ一般的じゃないので、親身に相談できる相手が少ないというのも現状です。 女性用育毛剤を使えば、自宅でしっかりと薄毛ケアできますし、家族にばれたくない方でも安心して使い続けられます。 「育毛剤はまだ早いかな」と不安に思っている方もいますが、最近では薄毛になっていない段階の方も、美容・頭髪ケアのために利用されることも増えています。 育毛ケアは早ければ早いほど良いといわれているので、悩んだり薄毛が気になり始めた時がちょうどよいタイミングです! どの育毛剤も似たようなことが書かれていてわかりにくいからこそ、女性用育毛剤おすすめランキング【薄毛・抜け毛ケアの決定版】を参考になればと思います。 女性用育毛剤選びのため以外にも、女性の薄毛や抜け毛に役立つお話も掲載してご紹介しています。 抜け毛や薄毛が気になる方は、ぜひ隅から隅まで読んでいただければと思います。


このページの先頭へ戻る